アフィリエイト広告出稿で安いASP会社比較!A8などオススメはどこ?

ビジネス全般

アフィリエイト広告は成果報酬型の広告です。成約ごとにサイト運営者に報酬が支払われます。なのでクリック単価型やリスティング広告などに比べて、コストを抑えて広告出稿をする手段になります。

アフィリエイト広告を出稿するには、ASPと呼ばれる「サイト運営者」と「広告主」を結びつける仲介サイトに登録する必要があります。アフィリエイト広告を出すためには、基本的にはどこかのASP会社に必ず登録することになります。

登録をするとそのASPに登録しているサイト運営者に自社の商品・サービスを紹介してもらうことができます。

登録するASPにはそれぞれメリットデメリットがあります。

主なアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)一覧と詳細

ASP名 初期登録料 月額費用 成果報酬手数料 最低契約期間 備考・コメント
A8.net

 

54,000円 40,000円(6ヶ月契約)

37,000円(12ヶ月契約)

33,000円(18ヶ月契約)

30% 6ヶ月 ASP最大手。登録アフィリエイターの数も多く、運営会社は上場企業。
バリューコマース ①ライトコース:0円

②ベーシックコース:50,000円

①35,000円

②50,000円

(開始月はいずれのコースも無料)

①35%

②31.5%

6ヶ月 ソフトバンクの資本が入ったこちらもASP大手。成果報酬手数料が高いが、アフィリエイターの数も多いので集客力は強い。
afb 50,000円 40,000円 30% 6ヶ月 アフィリエイトBも、A8,バリューコマースに並ぶ大手ASPサイト。入金サイクルが早いことで有名で、アフィリエイターには評判が良い。
もしもアフィリエイト 0円 0円 30% 6ヶ月 もしもアフィリエイトは、後発ASPだが、なんと初期費用・月額費用が無料 。
アクセストレード 50,000円 40,000円 30% 6ヶ月  アクセストレードは、金融系などに強いASP。運営会社は上場企業。
 ジャネット 50,000円 40,000円 30% 不明
電脳卸 0円 4,900円 30% 1ヶ月

※各社ASPサイトの料金や特徴の比較は上記のようになっています。

まずはゆっくりとステップアップするなら、初期費用・月額が無料のもしもアフィリエイトがオススメ。

まずはアフィリエイト広告を試しにやってみたいということであれば、初期費用・月額費用が完全無料のもしもアフィリエイト 」がオススメです。広告出稿にかかる費用は、成約時に発生する30%の手数料だけという完全成果報酬制度です。

もしもアフィリエイトに登録しているサイト登録者は、50万人を超えています(2018年現在)ので、無料だからといって、登録サイトが少ないということでもありません。

筆者の感覚値になってしまいますが、アフィリエイトを本気でやっているブロガーやサイト運営者の9割以上は、もしもアフィリエイトを利用しています。

それはもしもアフィリエイトにしかない案件もあるからです。ちなみに、楽天市場のアフィリエイトなど有名な案件も揃っているので、愛用者も多いASPです。

▶︎公式HP:もしもアフィリエイト詳細ページ(公式HP)

大きく集客したいなら、ライトコースもあるバリューコマースがオススメ

集客面で考えたら、登録アフィリエイターも多い「バリューコマース」がオススメです。バリューコマースをオススメする点は、A8ネットに並ぶ大手ASPであると同時に、ライトプランという固定費が安いプランが存在するからです。

月額固定費は35000円かかりますが、初期費用が無料なのではじめやすいのが特徴です。

▶︎バリューコマース資料請求(公式HP)

 

参考記事:こちらも参考にしてみてください

アフィリエイト広告出稿による集客のメリットデメリットです。

アフィリエイト広告出稿での集客メリットとデメリットを、プロブロガーが考えてみた