国債を代用有価証券にできる証券会社まとめ

株式

株式投資の信用取引をする際、証拠金が必要になりますが、その際に便利なサービスが保有している有価証券を代用有価証券として、保証金の代わりにするということができます。

その際には、現物で保有している株式・投資信託などが一般的ですが、どうしても担保資産として価格変動のリスクがあります。

その点、比較的安全資産である債券の中でも格付けが高い「国債」を信用取引の代用有価証券にできる証券会社をまとめました。

国債を株式投資の信用取引の代用有価証券に使える証券会社

まずは、簡単なまとめを作りましたので、以下のようになっています。

国債の代用有価証券可否 信用取引手数料(税別)
日産証券 22円~/1取引
野村証券 476円~/1取引
SBI証券 ×
楽天証券 ×
松井証券 ×
マネックス証券 ×
auカブコム証券 ×
ライブスター証券 ×
GMOクリック証券 ×
岡三オンライン証券 ×
DMM 株 ×
岩井コスモ証券「ネット取引」 ×
大和証券 ×
SMBC日興証券 ×
みずほ証券 ×

上記の通り、各証券会社のHPを見る限り、「日産証券」と「野村証券」は国債を代用有価証券として利用できるようです。

国債の証券会社ごとの掛け目

日産証券の代用有価証券の掛け目です。

以下にあるように、国債の場合「95%」ということになっています。

日産証券 代用有価証券の掛け目

国債 95%
政府保証債 90%
地方債・社債、金融債、公社債投信 85%
上場株券、上場新株予約権付社債、追加型株式投信、単位型株式投信、上場投資信託・上場投資証券 80%

※出典:https://www.nissan-sec.co.jp/margin/rules/

次に野村證券です。

こちらも国債は95%です。

野村証券 代用有価証券の代用掛目
国債 95%以下
政府保証債 90%
地方債・社債 85%
国内上場CB 80%(CB=転換社債および転換社債型新株予約権付社債)
国内上場株券等 80%
公社債投信 85%
公社債投信以外の投信 80%

出典:https://www.nomura.co.jp/onlineservice/help/deal_inquiry/margintrading/substitute_transfer.html

ここからもわかるように国債を信用取引の代用有価証券として担保にする場合、現時点では、基本的に95%掛け目として換算されるようです。

掛け目では証券会社ごとに違いがないので、信用取引の取引手数料などで有利な証券会社を使うのが良いでしょう。

 

国債を代用有価証券として利用できる「日産証券」「野村証券」では、

日産証券が「22円~/1取引」と信用取引手数料が最も安いので、ここで取引するのがおすすめです。