文章を書くことが嫌いな人でもできるアフィリエイト手法を解説

ビジネス全般

どうも!にちょーです。

この記事を読んでいる方は、アフィリエイトを始めるようと思っているか、アフィリエイトをやっている現役のアフィリエイターではないでしょうか。

アフィリエイト、ブログ運営というのは、WEBサイト上に記事を公開して、アクセスを得て広告収入を得るするビジネスです。

ブログやアフィリエイトは、ローコストで、PCとネットさえあればすぐにでもスタートできるビジネスや副業であり、月収100万、1000万というのも夢じゃないビジネスなので、多くの人の関心ごとのようです。

そんなアフィリエイトビジネスにおいて「書く」という要素は不可欠になります。

ユーチューバーや講演家でいう「トーク力」、教授や先生でいう「教える力」などが、アフィリエイターにおける「文章を書く」ということです。

しかし、困ったことに、私もそうなのですが、

文章を書くことが苦手で、文章を書くことが嫌いという人は案外少なくないようです。

私自身も、もともとは営業マンだったこともあり、書くことよりも、どちらかというと話す技術の方が得意なのではないかなと、という風に思ったりもします。

 

ですが、実際アフィリエイトは非常に魅力的なビジネスです。選択肢が限られている中で、アフィリエイトで成功して、うまくいく必要がある方は少なくないのではないでしょうか。

そこで、文章嫌いで、文章を書くのが苦手な私が実践しているアフィリエイト手法を公開します。

私もアフィリエイターとしては比較的にうまくいっている方だと思います。

私のメインサイトの一つのアクセスPV数です↓

 

そこで今回は、文章を書くことが苦手で嫌いな人でも、書いていることが辛くてしんどいと感じる人でも、

アフィリエイターとしてうまく収益化を実現できる手法を考えていきたいと思います。

文章ライティングが嫌いで苦手でもできるアフィリエイト手法とは?

企画・編集側に回ることで、負担を軽減する

ライターを外注化することで、自分自身でブログの記事すべてを書くのではなく、ライターさんの記事を書いてもらうスタイルになることです。

自分は何をするのかというと、外注ライターさんから納品される記事を編集したり、サイトの構成を作ったり、記事の企画をします。

これによって、自分がすべての記事を書くということの負担を減らすことができます。

実際に、ランサーズなどで記事をライターの募集をかければ割とするっと記事を納品してくれます。

 

ただし、ライター募集をする際の注意点があります。

それは、記事を書くのが大変だから、ラクをしようと思って記事外注をしようとしない方が良いということです。

 

なぜなら、それだと、読者が読みたくなる記事が増えず、サイトの評価全体を下げる形になるからです。

 

そもそも、読者が読みたくなる記事は以下のどれかです。

  • 速報性、リアルタイム性があるか
  • 体験や知識に基づいた考察がされている
  • わかりやすい

 

外注ライターを雇う最大のメリットは、自分以外の人が体験している体験価値を仕入れることができることです。

 

外注化をすることで、自分の経験していない価値や体験の生身の声を仕入れることできます。これは想像以上のメリットですし、実際に「この分野の経験者は、こういうキーワードを使うのか」と。納品された文章を見て、思うことも多々ありました。

 

記事執筆が辛いと感じる一番多い原因は、なんといっても「コンテンツをどうしよう」問題です。

読者に刺さるようなリアリティがあって、説得力がある記事を書くためには、やはりある程度、その分野に精通していることが必要条件になります。

それを一からやろうと思うと、かなりの時間やコストがかかってしまうので、外注化でそれをまかないつつ、自分も外注ライターさんからの記事を読んで、むしろその分野について自分も勉強していくという「ライターさんに書いてもらいながら、自分も勉強していく」というスタイルの方がもっとも効率的で、動きが機動的になると思います。

ライターさんには、自分が持っていない「経験や知識」を文章に落とし込んでもらうために依頼するという気持ちでないとなりません。

「自分がめんどくさいからライターさんに書いてもらう」では、ライターさんもこちらの指示の意図もうまく伝わらないですし、こちらにやる気がない以上、ライターさんも頑張って書こうという気持ちにすらなりません。

「ある程度のクオリティで納品すれば、この依頼者は納得してくれるだろう」という風に、ライターさんも力を抜いてしまう原因にもなりかねません。

 

とはいえ、成功しているアフィリエイターの95%はおそらく「外注ライターさん」を利用しています。

だって、どんなに体力がある人でも、1人で1日でかける文字数には限界があるわけですし、リサーチやリライトや修正などに使える時間も限られています。

外注の比率や、外注するタスク内容、外注に使う金額などは、アフィリエイターによっては違うでしょうが、ほとんどのアフィリエイターは、外注ライターさんを上手に使っています。

成功者の誰もが、一度は「文章を書くのがしんどい」と感じて悩む時期があるのです。

その売上の壁というのを、ライターさんを上手に活用することで、突破するアフィリエイターは少なくないです。

今後、長い期間に渡ってアフィリエイターとして成功していきたいのであれば、外注ライターさんに依頼することは必須と思った方が良いでしょう。

公式サイト▶︎ランサーズ


書きまくってコツをつかみ、むしろ得意なスキルにしてしまう

「書くということが苦手で嫌だと感じる理由は、慣れてないから。徹底的にやりこんで、むしろ得意なことにしてしまえば、文章を書くことが苦ではなくなり、むしろ得意なことになる」

と、よく言われますね。

これ関しては、火に油を注ぐように感じる方もいるかもしれませんが、ガチです。

 

私自身アフィリエイター3年目になりますが、以前よりもずっとすらすら文章が出てくるようになりました。

その理由は自分でも定かではないですが、

おそらく、文章の抑揚がわかってきたり、他の読みやすい人の文章を徹底的に読み込んできたから、文章の流れや構成の作り方というのも理解できるようになったからでしょう。

巷で、広まっているライティング講座を受けるのも重要ですが、まずはとにかく書きまくることをおすすめします。

 

もし、新規で記事執筆が辛いなら、外注ライターさんを使いましょう。

ライターさんが納品してくれた記事を編集するのも文章の勉強になります。

私もやってみて初めて気づいたのですが、自分以外の人が書いた文章を編集するということで自分の文章技術というのは飛躍的に向上します

わかりやすい文章、伝わりやすい文章を考えることを続けると、文章を客観的に見るという視点を手に入れることができるようになります。

なので、文章の上達の手段の一つとしても、ライターさんへの記事外注というのは本当におすすめです。

 

そして、とにかく、文字を生産するという活動を1年、2年と続けることです。

自分の頭で考えている構想を以前は、3時間かけて文章にしていたものを、2時間→1時間→30分と、すらすらとそれを文字に落とし込むことができるようになってきます。

是非、参考にしてみてください。

私のTwitterも更新してますので、今後アフィリエイトで参考になることを述べていきたいと思いますので、よかったらフォローをお願いいたします↓

まとめ

いかがだったでしょうか。

とにかく、文章を書くのがきつい、しんどいという風に思うであれば、是非参考にしてください。