独立起業前の副業はするべきなのか?稼ぐ経験って超重要だよ

ビジネス全般

起業・独立前の副業にはした方がいいのだろうか。

今回はその点について述べていきます。

独立起業前の副業はするべきなのか

独立起業前に副業をするべきでしょうか。

結論をいうと、するべきです。

結論から言いますが、独立起業前に副業をする最大のメリットは、

自分でお金を稼ぐ経験をすることができることです。

 

副業といえど、ビジネスです。

お客さんや取引先を作って、そこに自分が持っているサービスや商品を提供する。

つまり、自分の持っているものや、仕入れたものをより高い価値をつけて、第三者に販売するのがビジネスです。この本質は、事業規模が大きくなっても同じです。

もちろん相違点もありますが、本質的には、ビジネスとはすべからく、安く仕入れて、高く売るということを積み重ねることです。

そういう意味では、独立とは副業の延長線上にあると言ってもいい。

いや、そもそも両者に違いなんてないんです。

 

1万円稼ぐのはどれだけ大変か。

一度でも副業をしたことがある人ならわかるはずです。

副業の立ち上げと、独立・起業は似ています。

 

0→1にするのがどれだけ難しいことなのか。

1→10にするのはやり続ければいいので、ある程度のところまで来ると作業になります。

ですが、0→1を生み出すことは、とてつもないほど大変です。

 

私が行っているビジネスの一つとしてブログ運営がありますが、

ブログの収益化においてもっとも難しいのは、月3万の利益を出すまでです。

3万→10万にするのは案外難しくない。

0円→3万というがもっとも難しいのです。

 

それは「売れる」「集客ができる」という金脈を見つけるのに時間がかかるからです。

 

ビジネスとは「顧客」と「競合」で決まります。

自分の持っているビジネスを提供する顧客がいて、似たサービスをやっている競合がいます。

競合よりも優れているポイントがあれば、顧客は必ず食いついてきます。

その盲点というか、隙間を見つけることが大切です。

 

文字にすると簡単ですが、

実はこれがもっとも難しい。

結果論的にいえば、

「こういう顧客に対して、こういうニーズを絞り出して、こういう風に訴求したから売れました!」

という風に言うことができますが、

実際にそれをやっている最中は、暗中模索です。

その仮説が正しいかもわからないし、自分が考えた顧客ニーズが正しいのかもわからない。

ただやみくもに信じてそれを続けることでしかありません。

 

そこまで持っていくのがビジネスのもっとも難しいポイントとも言うべきところなのです。

 

副業が起業の延長線にあるという根拠の一つとして、

この金脈を見つける上でのあたりをつけることができるという点があります。

自分の考えているビジネスを小規模で試してみることで「当たり」をつけていくことができる。

そして、そのビジネスが当たれば、それを伸ばしていけばいい。

そういう風にして少しずつ収益化を図っていくのです。

 

最初は自分のやりたいビジネスと違うかもしれません。

ですが、それでいいんです。

副業の経験値は必ずどこかで役に立ちます。

まずやり始めることで、

自分の中での金脈を見つける嗅覚や、思考パターン、段取りの仕方など、

稼ぐ上での自分で自分のスタイルを築いていくことが大切です。

 

一度自分のスタイルを確立するとそれが成功体験になります。

成功体験は、他のビジネスを始める上でのヒントにもなります。

自分で稼げるような仕組みを自分自身で作っていく必要があるのです。

 

そして、自分の成功パターンを築きあげるには一定の時間投下が必要です。

東大合格には、5000時間程度の学習時間が必要と言われているように、

自分の仕事が花開き成果の実りを手にするまでには最低でも1000時間以上の投資が必要になります。

 

起業・独立してからビジネスに投下するのもいいですが、

副業や兼業をしながら、それをやっていくのもいいんです。

その方が、そのビジネスへの投下時間を先取りできるのです。

 

もちろん、ただやみくもにデタラメにやっているのでは意味はありませんが、

独立前の在職中に、本業を疎かにしない範囲で、

着々と副業の時間も確保して取り組むことにはとても意味があります。

 

大学受験で高校3年生から勝負するのと、

高校1年〜2年の間から基礎学習をしているのとでは受験の合格率に差が出るのと同じです。

 

独立前に副業してビジネスを経験することは、

お金を稼ぐイメージをすることができるだけでなく、

自分の経験値を起業独立前に、ある程度先取りすることができるのです。

 

最初はどんなビジネスでもいい。

まずはその経験が重要です。

論より行動。本当に独立したいならそれを副業時代からやるべきです。

 

ただし、一つ注意点があります。

それは、本業を疎かにしてはいけないということです。

いくら起業や独立したいからといって、本業を疎かにした上での副業では全く意味がないです。

収入や保障の基盤は本業です。

しかも本業の中から起業や独立や副業に関わる事業アイディアがでてくることもありえます。

 

起業・独立するとダブルワーク、マルチタスクが当たり前になります。

複数の仕事を持つことを前提に独立することを考えたら、

本業をおろそかにしないでも、副業ができるラインまで本業をやりこむことが大切です。

副業は時給換算したら終わり

お金を稼ぐことは簡単なことではない。

副業したことがある方はわかると思うが、事業をスタートしてすぐに成果が上がることはない。

副業を始める以前に、情報収集、基盤作り、事前準備などをやるだけでも、相当な時間がかかってしまう。

すると、

  • 「これ時給いくらだ。だったらアルバイトをした方がいいのではないか」

という頭の中でのささやきがある。

ぶっちゃけ、この「時給」意識を持っている以上、絶対に副業で稼げるようにならない。

副業のメリットは、仕組みを作ってしまえば、半不労所得もしくは、かなり労力や時間投資を少なく定期的な収益確保が実現できるということだ。

その分、最初は大変だ。

「時給0円」に耐えられる人が少ないからだ。

この「時給0円地獄」を必死に耐えて、やるべきことを確実にやっている人は、5000円、10000円と、着実に収益は増えていく。

そしてやり続ければやり続けるほど、10000円稼ぐのに「10」あるキャパシティの「9」を使っていたのに、それを「3」とか「4」とかの労力で稼ぐことができるようになる。

慣れてしまえば、仕組みを作ってしまえば、かなり簡単にお金を稼ぐことができるのが副業の魅力。

「時給0円」に嘆くのか。それとも、成果が出るのかもわからないけど、とにかく信じて進んでみるのか。

信じて進み続ける者、継続し続けることができる者だけが、副業で成功する。

 

でも、継続し続けるのって、かなりキツイはず。

人間は「土を掘る→土を埋める」を繰り返すと精神が発狂するらしい。

無意味なことを人間は続けることができないようになっているからだ。

つまり「0円時給」という無意味地獄を耐えるためには、金銭的なメリット以外の何かが必要になる。

  • 楽しい
  • 嬉しい
  • 達成感を得られる
  • 居場所がある

など、なんでも良いので、副業をやることで金銭的なメリット以外の何かを見出すことが重要だ。

例えば、記事執筆の副業をするとしたら、金銭的なメリット以外にも

  • 書くことが好き
  • 文章スキルを向上できる
  • 自分の気になる分野を調べられる

など、やり続けれられるメリットやインセンティブがあることが重要。

どんな副業なら、続けられるのか、ということを今一度考えた上で副業選びをすることが大事です。

 

【副業】初心者にオススメしたいサラリーマンの副業一覧(2018年版)

 

まとめ

突き詰めれば、起業や独立の目標は、お金を稼ぐことだ。

社会貢献、やりたいことをやる、人付き合いが苦手、時間に縛られたくない、もっと自由な働き方がしたい。

これらも結構。

そういったやりがいや生きがいなどを、独立の「目的」や「意義」として、掲げるのはOKだ。

だが、それらをやるためにも、自分の生活費を稼がなくてはいけない。

飲み食いも毎日する必要もあるし、家賃を払う必要もある、ケガや病気になれば医者にかかるし、散髪もおしゃれもする。子供がいれば教育費などにもお金がかかる。

なので、起業の目標はあくまでお金を稼ぐこと。

これを忘れて、起業の目的や意義だけを追求するのはやめたほうがいい。

 

それを前提に話を進めていくとすると、副業は、会社以外のお客さんからお金を稼ぐことだ。

副業とはいえど、立派なビジネス。

どんなに小さな金額でも、お客さんから直接あなたの銀行口座にお金をもらっている以上、ビジネスになる。

ビジネスとは、自分の商品やサービスを誰かに受け取ってもらって対価をもらうこと。

副業でも、大きな事業でも、その形態は一緒。

このお客さんからお金をもらうという経験はサラリーマンや会社員では知り得ることができない感覚だ。

もし起業独立をしたいなら、独立前にお金を稼ぐという経験を持つことは非常に意味がある。

お金を稼ぐということについて、真剣に考えることができるから。

 

1万円も稼げない人が、いきなり起業してもほぼ失敗する。

もちろん、センスや才能を持った一握りの人は、いきなり起業しても成功する人もいる。

けれども、大多数の人間はそうではない。

だからこそ、副業をして、自分でビジネスをするということを経験すると良い。

時間がないなら時間を作る努力から、資金がないなら資金がなしでもできる副業を探す。

すぐに入金され成果が欲しいなら、すぐに収益化できそうな副業から試してみる。

まずは、どんな副業でもいいから、とにかく試すことにとても価値がある。

何もせず、止まっていては必ず後悔します。

本当に稼いでいる人は、たくさん失敗している。

まずは失敗することを前提でいいので、チャレンジしてみると良いでしょう。

すぐに入金される副業一覧!早く稼ぐにはどんな副業・内職がおすすめ?

コストゼロで会社以外で副業収入を稼ぐ方法3選!