2016年から株やFXなどの投資している管理人が日々のマーケットで気になった疑問などを調べ上げてわかりやすく記録も兼ねてまとめてます。 初期の頃は節約術やビジネス系の記事も書いていましたが、最近はもっぱら株や投資関連の情報がメインです。

サイトコンテンツ

➡ 株式投資 ➡ FX ➡ 投資全般

「最近の若者は安定思考だ」と言われている世の中ですが、

「将来、独立・起業したい」

そう思っている若者は少なくないでしょう。

トレール注文とは、トレーリングストップとも呼ばれていて、逆指値の追尾ができる自動売買手法です。

このトレール注文は海外FXでは一般的になってい ...

単元未満株への投資において注意が必要なこととして、監理銘柄が指定されるというケースです。

単元未満株への投資(いわゆる1株投資・金額指定取引) ...

権利確定日をまたいで保有していた銘柄の配当金が減配・増配になった場合、現物株を保有している株式から得られる配当金が増えたり、減ったします。

で ...

投資で朝一寄り付き前にチェックしておくと良いモノをまとめてみました。トレーダーにとって相場は続いているものなので常に流れを意識している必要があります。

私が株式投資・為替FXなどの投資をしていく中で、日々ノートを綴ってきました。

そんな経験が5年以上に登りますが、その中で教訓としてノートに書い ...

一般信用が可能な証券会社をまとめます。

一般信用売り取引は優待クロスなどに使われることが多い信用取引です。一般信用で売り建てすることは制度信用 ...

機関投資家の売買の履歴や動向を調べる方法はどういうことが考えられるでしょうか。

ファンドなど大きな資金を扱うような会社が運用ポートフォリオとし ...

FX(外国為替取引)をする際に証拠金が必要になりますが、この証拠金を保有している株式を代用有価証券として担保にして保証金の代わりにできないかということを考 ...

株式投資の信用取引をする際、証拠金が必要になりますが、その際に便利なサービスが保有している有価証券を代用有価証券として、保証金の代わりにするということがで ...

大豆、トウモロコシ、小麦などのコモディティを取引したい場合があると思います。そんな時に穀物系のETFを活用したいと思うこともあるでしょう。

商 ...

LINE証券は、LINEポイントなどを使ったり、LINEペイの残高を利用できたりなど、スマホ1台あれば取引できたりなどメリットがある証券会社です。 ...

株など投資をする上で、どうしても重要になってくるのがリスクヘッジです。相場がどう動くかわからない以上、日経平均やNYダウなどの全体指数が下落した時に逆の動 ...

株価下落・急落のリスクオフは相場に数年に一度やってきます。

そういう相場が崩れていく局面で、株式に比べて比較的安全とされる国債、社債等の「債券 ...

SQ(特別清算指数)は、Special Quotationの略で、日経225先物取引・オプション取引などで決済期日で決済される価格を指します。

株主優待取りの優待クロスにおいて、決済期日を超えてしまうことで強制決済を利用して、1日早く優待クロスを行い、競争激化が見込まれる銘柄の一般信用在庫を確保す ...

自社株買いをすると、基本的には株価が上がるので、自社株買い=投資家にとっては買い!っていいうのはご存知の方は多いと思います。

昨今だと、日経平 ...

ideco(確定拠出年金)を使った資産形成を考えている方の運用で頭を悩ませることの一つは、どのファンドに投資するべきかということになると思います。 ...

副業・兼業アフィリエイターは、本業をいかに効率化するのかということが超重要です。

私自身、本業を持ちながらのブログ運営をやっているので、複数の ...

1年に2回。3月と9月に行われるETF・投資信託などのファンド・年金基金などによる配当再投資というイベントがあります。

場合によっては、500 ...

株やFXや先物など、投資でトレードをしていると、チャートで監視銘柄が下落していく場合もあります。

ですが、同じ下落でも、陰線による下落と、ギャ ...

決算期の変更の発表後は、株価にどう反応するのだろうか。あまりケースとしては多くないですが、決算期を変更するとその後の株価はどうなっていくのでしょうか。

寄与度とは、株価指数における銘柄が指数全体に与える影響度を数値で表しているものを言いますが、TOPIXにおける指数寄与度が高い銘柄はどんな銘柄なのでしょう ...

J-REITなど、不動産投資信託は、リスクオフ地合いではどう対応したらよいのだろうか、今回はその点を解説していきたいと思います。

リスクオフでREI ...

よく株の本を読んだり、ネット、Twitterなどで「株の需給を読め」というワードを見かけたことがあるかたも多いのではないでしょうか。

それもそ ...