MT4対応の日本国内のFX証券会社5つ|Mac対応会社やスプレッド等も解説

為替

今回は、MT4(メタトレード4)に対応した日本国内でのFX業者を紹介します。

海外FX会社であるXMなどでは、MT4が使えることが有名ですが、海外FXは入出金の手数料、スプレッド、税制などを考えても、良い面ばかりではないのは事実です。

ですが、MT4のツール自体は非常に便利なので使いたい。では、日本国内のFX会社でMT4を使える会社はどこだろうか?という疑問を持つでしょう。

そこで、今回は、日本国内の外国為替FX取引業者で、MT4ツールを利用できるFX会社5社紹介します。

MT4対応の日本国内のFX証券会社 5業者まとめ

MT4対応会社の各社のスプレッドと動作環境まとめ

FX会社 ドル円スプレッド 動作環境
OANDA Japan 0.4銭 Mac非対応
ゴールデンウェイジャパン(FXTF MT4) 0.1銭 Mac対応
楽天FX(楽天証券内) 0.5銭 Mac非対応
FOREX.com 1.5銭 Mac非対応
外為ファイネスト 0.6銭 Mac非対応


スプレッドをみると
ゴールデンウェイジャパン(FXTF MT4)OANDA Japanが比較的良心的になります。MT4対応の日本国内FX会社は、現在日本国内で上記の五社のみになります。

 

ゴールデンウェイジャパン(FXTF MT4)は、MT4の取引ツールが、Windowsだけでなく、Macに対応しています。

ゴールデンウェイジャパン(FXTF MT4)は、スプレッドが0.1銭でMT4を使える国内FX会社の中では最も安く、オリジナルインジケーターをもらえたり、マーケット情報も充実していて、非常に人気の会社です。

 

OANDA Japanは、1通貨から取引可能なので、人気のFX会社でもあります。

また、オープンオーダーを使ってトレーダーのポジション滞留を逐一把握することができたり、豊富で充実したマーケット情報で、情報把握にも優れてます。

 

楽天FX(楽天証券内)は、楽天証券の証券口座を開設後に、取引できるFXツールです。

楽天証券に入金しているお金からも振替することが可能なので、株取引、先物、FXなどの資金を一括で管理しやすいというメリットがあります。

おすすめは、、、、

上記内容を考えると、スプレッド、動作環境、口座の使いやすさなどを考えて、

MT4を日本国内FX会社で使おうと思えば、ゴールデンウェイジャパン(FXTF MT4)OANDA Japanの2社がお勧めです。

OANDA Japanは、約定力が高いということで、0.4銭のスプレッドで原則固定されています。

また、世界中にユーザーが多いということで、会社としての実績や信頼がある会社です。Macユーザーにとっても、嬉しい動作環境も揃ってます。

また、OANDA Japanは、ポジション比率を公開しており、トレーダーが現在保有している「ポジション」「オーダー」を確認できるので、未決済のロングとショートポジションがどこに溜まっているのかを逐一把握できるので、トレードにとても役になってます。

詳しくはこちらの記事でも紹介してます↓

どこに含み損トレーダーの損切りロスカットが溜まっているか知る方法

 

FXトレード・フィナンシャル 「FXTrade」

また、ゴールデンウェイジャパン(FXTF MT4)は、スプレッドが0.1銭でMT4を使える国内FX会社の中ではかなり安いです。

他にも、MT4で使えるオリジナルインジケーターをもらえたり、マーケット情報も充実していて、非常に人気の会社です。

MT4を支えて、非常に便利なので、上記2社のどちらかを使うことをオススメです。

是非、皆様のFXトレードの参考にしてもらえればと思います。

 

国内FX業者のドル円最小取引ロットを主要12社比較してみた